幼馴染と #21

YouTube動画

【漫画の宝箱】

画像

ストーリー

小学校の時から仲が良かった幼馴染が一人いました。
彼は私にとってそれ以上でもそれ以下でもなく、ボディータッチがそこそこ多めでも平気な異性の友人といったタイプでした。
当時高校生だった私は恋愛に飢えていて、距離の近い幼馴染によく相談をしていました。そんなこと何度か続いた時、彼はこんな言葉を返しました。
「じゃあ俺にすればいいじゃん」
その台詞を、幼馴染がどんな気持ちで言ったのかはわかりません。けれど、私の心にはいつまでも残っています。

クレジット

エピソード:霧音

イラスト:トモ=アキ