犬神様が!

YouTube動画

【漫画】犬神様が!【純情恋愛】

画像

ストーリー

犬神様が!

それはある朝のことであった…
小娘「こんのぉ…化け犬!とっとと出てきなさいよ!」
犬神「騒々しいやつだのぉ…ここにいるわ」フアァ
小娘「あんたまた私のし、下着盗んだでしょ!返しなさいよ!」
犬神「人肌が恋しくてのぅ…温もりがあっていい」
小娘「この変態犬神!」
犬神「誰がお前のような小娘に欲情するか、ばかたれ」
小娘「だーれが小娘ですってぇ…?って、きゃっ!」
犬神「危ないだろう小娘、気を付けろ」ぐいっ
小娘「い…一応?ありがとう?」
犬神「なぜ疑問形が付くのだ疑問形が」
小娘(こんな人だか犬だか分からないやつに心を奪われてる私って…なんだか悲しくなってくる)しゅんっ
犬神「?」
犬「ワン!」
小娘「わー可愛い犬♡これも犬神様のお仲間?」
犬神「…そうじゃが?」
小娘「かわいい~どっかの変態犬神様の仲間なのね~よしよし♡」
犬神「だから小娘ごときに欲情はせんと言っておるじゃろうが あれは暖かいから盗んでるだけじゃ」
小娘「盗んでる自覚はあるのね」
犬神「それにしても…すこし甘やかしすぎではないのか?その犬のことを」
小娘「可愛いものは可愛いから甘やかすんですぅ~」
犬神 ボソッ(ワシにはしないくせに…)
小娘「え?怒ってるの?」
犬神「そんなんじゃないわい」
犬神(こんな小娘になぜワシは心惹かれておるのだろう…)
犬神「最初出会ったときはもう少し可愛げがあったのじゃがなぁ?」
小娘「だーって見た目だけはいいんだもん、いきなり出てきてびっくりもするって」
小娘「犬神様はやっぱり犬派?」
犬神「ワシはワシ派じゃ」
小娘「あっそ」
小娘「…でも、今も昔も変わらないよ犬神様」
小娘「自由できままで…それですむんだもん、羨ましいよ」
犬神「小娘はやはり嫌なのか?ワシの許嫁は」
小娘「それがこの村の風習ですから」
犬神「なら逃げればよい、ワシもワシの嫁になりたくない小娘をわざわざ置いておく必要はない」
小娘「…逃げたら犬神様、また独りぼっちだよ?」
犬神「構わん、他に仲間の犬も大勢いるしの」
小娘「犬神様の女たらし…」
小娘「そんなこと言われたら、犬神様のこと好きになっちゃうよ」
犬神「ワシはもっと昔から好きじゃった 独りのときからな」
犬神「よく小娘はワシのところに遊びに来たもんじゃ」
犬神「ワシはその頃からずっと…ずっと好きじゃった」
小娘「…犬神様、酔ってる?」
犬神「かもしらんな」
小娘「犬神様ともっとずっとにいたいって私、思い始めたんだよ?」
犬神「ならそうすればよい」
小娘「フフッ犬神様素直じゃないんだから」
小娘「ずっと一緒にいようね、犬神様」
犬神「退屈はせんかもな」
小娘「ねぇ、一緒に逃げちゃおうか、犬神様」
犬神「構わんぞ、逃げるのもまた一興」
小娘「行こう!」
犬神「よし、行くぞ!」
小娘「まだ知らない私たちの世界へ行こう!」
それから私たちは色々な場所へ逃げた。
逃げた先にはまだ知らないものも沢山あった。
そしてまだ私の知らない犬神様も知った。
ねえ、犬神様。
私どんどんそんな犬神様に恋しちゃうよ。
犬神様は知らないだろうけど、私は自由できままな犬神様が憧れだった。
それは…今も同じ。
犬神「大分色々なところへ来たもんじゃのお」
小娘「本当…色々なところに来たね」
犬神「村が恋しいか?」
小娘「少し、恋しいかな」
小娘「けど、今は…色々なところに逃げたいと思ってる」
犬神「そうか…ならばよい」
小娘「うん!」
小娘「犬神様…私には知らないことがいっぱいあるんだって知ったよ」
犬神「どうだ、楽しいか?」
小娘「楽しいに決まってる!」
小娘「私!犬神様が大好き!」
犬神「ワシも、小娘のことが…その…大好きじゃ」
こうして私たちの知らない楽しい逃亡劇は続いたのであった。
小娘「…ま、結局逃亡劇は終わったんだけどね」
犬神「結局またここか もういいのか?逃亡劇は」
小娘「うん、もういっぱい知れたからね」
犬神「ワシもやっぱりここがいい 昔から住んでる場所だからな」
小娘「私も結局自宅に帰ったよ」
小娘「ずっと一緒にいてね、犬神様」
犬神「当然じゃ」
こうして私たちの小さな逃亡劇は終わったのであった。